南緒式。たった8ヶ月で2億円の利益を叩き出した、カリスマトレーダー南緒氏のトレード手法でどこまで儲ける事が出来るのか?徹底検証します。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


気になる円高:Ranking
南緒式デイトレで利益を上げられないという、コメントをいただきました。
コメントをいただいた、双葉黒さん、マッシーさんのリクエストにお答えして、しんごの南緒式デイトレでの気づいた手法について、話したいと思います。
最初に、注意しておきますが、この手法はしんごの判断材料であって、他の全ての方に通用するかどうかは、しんごは判りません。

しんごは、ここのブログには書いてはいないですが、リアルトレードで取り引きをする前にバーチャルトレードで、3週間、寝る時間も惜しんで、昼夜、何度も何度もエントリーの入り方について、練習をしました。バーチャルとなると実損が出ないのでいいかげんにトレードしがちですが、どのトレードも本気でやっていました。

やはり最初は、みなさんと同様に利益は出ずに損切りばかりでした。また色々と他のテクニカル指標との組み合わせを使って、勝率の良いテクニカルを探しました。

ここのブログは、南緒式を購入していない方も読んでいますので、南緒式デイトレ手法の具体的な方法は記述できませんので、判りにくいところがある事を容赦願います。

まず、トレードはトレンドの出ていないレンジ相場の時に行います。また、大きなファンダメンタル指標の無い日が、一番収益が上がりました。トレンド状態の時には、ダマシのシグナルが多く、一時的なシグナルとなってしまいます。

テクニカル指標は、ボリンジャーバンドとスローストキャスティクスを使っています。シグナルが出た時は、このふたつのテクニカル指標を確認します。
具体的な見方を書く事は避けますが、この2つのテクニカル指標の標準的な使い方をしていますので、知らない方は自身で勉強をしてください。
ブログ村ランキングへ   ブログ村
エントリーのタイミングですが南緒式デイトレ手法のマニュアルの22ページのポイント5を多く使います。
STOPの位置ですが、マニュアルどおりで無く、シグナルの出方によってはマニュアルに書かれている位置より、更にタイトなSTOPを心がけています。
利確ですが、5-10Pが目標で弱い動きであれば2-3Pでも利益が出ていれば、利確してしまいます。

この様に、南緒式デイトレ手法に1つ2つのテクニカル指標を合わせる事によって、格段に勝率を上げる事が出来ています。

応援お願いします:ブログ村


コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://fxnao.blog80.fc2.com/tb.php/34-f49e5889
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。